心の叫び、心のリハビリ

しがない底辺にいる独りのサラリーマンが世の中に送るメッセージ

生活保護受給者のパチンコについて考える

そろそろはてなブログプロへの移行を考え出したVファーレン長崎男子のDAIKAMです。

ゲームネタは沢山画像使いたいのです。
特にファイヤーエムブレムヒーローズネタ。

さて、今回はなんと記念すべき50記事目です!

ということで、社会的記事を。

昨今、色んな問題がある生活保護ですが、中でも受給者のパチンコ遊戯の是非は非常に興味があります。

最近、女性タレントが
「いいんじゃない?あげたんだから」
と発言し、賛否両論が巻き起こっているというネット記事に出てました。

自分もそう思うけど、ニュアンスは違って
「いいんじゃない?あげてしまったんだから」
と考えます。

感情論としては税金で貰ってるのにふざけるな!

ですが、憲法に健康で文化的な云々とあるから、貰ったお金は何に使おうが自由。

パチンコはギャンブルだけど、今や日本人の文化の中に入ってしまっていると思いますしね。

まあしかし、生活保護は毎月収入申告しなくてはいけないらしい側面から考えたら、自分で自分の首を絞めている結果になってるのが現状でしょうね。

1万円勝ったら、毎月1万円の収入があるとみなされ、以降の保護費は毎月1万減るわけでしょ?

どのみち隠してもいずれバレる。

そして翌月負けて生活保護が少ないと文句を言う。

そのような不届き者には喝じゃ!!

ていうか、パチンコ行く元気があるなら働けよって話。

そもそも、生活保護の用途を前もって決めて支給するのがよくないですか?
確か現物支給は色々困難なんだよね?
そしたら、額を細部に渡って算出して支給しないと。

家賃にいくら、食費にいくら、生活必需品にいくらetc.

レシート保管や、出納帳記入しての提出は強制すべきと思うし、国民にお世話になっている形だから、1円たりとも使途不明金なんてあってはならないと思う。

だから基本的にギャンブルなんてもっての外。

ギャンブルしたかったら働いて稼いだお金でしなさい。
働かないでギャンブルしていいのは年金暮らしのお年寄りか、宝くじ当たって億万長者になった人のみですわ。

このような一部の不届き者が悪目立ちするから、本当に必要な人の保護費まで削られる。

嫌な世の中だ。

しかし、用途を決めて支給とかなったら文化的な側面が失われるな…

しかし、生活保護受給者より遥かに苦しい暮らしをしている人がいるのも事実。

ほんと何とかならないものかね…

セクハラ辞任の人の退職金で何人貧困者が救える?

我慢して今を生きてても何もいい事ないなぁ…

生活保護に関しては今後も色々ネット記事を追っていきます。

それでは。

ちなみに、

諫早市民の皆さん、合鍵のご用命は諫早市永昌東町8の吉岡金物店様でよろしくお願いします。

にほんブログ村のランキングに参加しています。頑張りますのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ
にほんブログ村